個人契約

学生の学力を上げるためには様々な方法があります。
自分で勉強することができれば一番よいのですが、それはなかなか難しいため塾や家庭教師を利用するのもよいでしょう。
家庭教師を雇ってみたいと考えたとき、どのように選べばよいのでしょうか。
家庭教師は学校の教師とは異なり、免許や資格は必要ありません。


誰でも家庭教師と名乗ることができるのですが、家庭教師にはいくつかの種類があるのをご存知でしょうか。
まず、「個人契約の家庭教師」は、直接知り合いなどに依頼して家庭教師をお願いする場合です。
会社を通すより安い料金でいいこともありますが、支払いや条件などを個人間で全て行わなければいけませんので、トラブルになることもあります。


値上げ要求や実力・指導が料金と見合っているかどうかを当人同士で判断することは難しいことですし、お互いの今後の人間関係にも関わってきます。
また、家庭教師のプロではありませんので、教えることに慣れていなかったり、生徒との相性が悪いと思ったように学力が上がらないこともあります。
また、個人では受験の情報や学習ノウハウを十分に手に入れることができない場合もありますので注意してください。


しかし、生徒にとっては以前からの顔見知りや親戚が家庭教師だと、打ち解けるのが早かったり、悩みを相談できるなどのよい点もあります。
生徒の実力を上げるためにはやる気を引き出すことが大切で、無理やり勉強させるのではなく、生徒にあった指導ができる家庭教師を見つけることが成績を上げることにつながります。


○特選サイト
プロの家庭教師を紹介してくれるサービスです・・・プロ家庭教師

Copyright © 2014 家庭教師の選び方 All Rights Reserved.